ファクトリンクTOPへ戻る > 自動車部品 > 湯原製作所(タイランド)
湯原製作所(タイランド)
金属チューブ加工、金属接合加工(SUSブレージング)、精密旋盤加工

パイプ加工(端末、曲げ、絞り・拡管など)


生産設備

自動端末加工機 4台

NCパイプベンダー 5台

NCマシニングセンター 1台

パイプ切断・面取り機2台

 

製品紹介

金属パイプコネクター

お客様が要求される規格を厳格に実現する事を基本原則としています。同時に、打合せや検証過程を通じて、設計の意図を汲み取り、相互の理解を持った上での変更及び改善提案を積極的に行っております。 

 

 

 

技術紹介

【同径R曲げ加工】

パイプの曲げRのサイズは「1.5D」以上が一般的ですが、当社では自社開発ベンダーにより「曲げシワ」や「割れ・破損」の発生を抑え「1.0D」の同径R曲げから最小で「0.7D」の極小R曲げまで対応可能です。連続曲げ加工に関しては自社開発した「超音波振動を利用した曲げ加工装置」を利用する事により、高精度曲げ、加工限界の向上を実現します。 

 

自社開発のベンダーにより「1.0D」の同径R曲げを可能にします。


 一般的なスプール・バルジ・フレアー加工のほかに、拡管・絞り加工も可能です。通常20%以下の材料保証(割れなど)に対して40%近い塑性率加工(最高60%)が可能です。材質的には、STKM、STAなど一般的な炭素鋼からSUS、チタン合金、アルミなど幅広く対応可能です。 

【絞り加工】


 

パイプを固定してプレスなど絞り成形パンチを押し付ける事により、外径を小さくする加工。加工前外径に対し60%の絞り加工まで対応可能。

【転造加工】



パイプを固定し、仕上がり形状に製作した回転工具を用い、パイプを挟み込みながら回転押し付ける事により、溝形状を成形する加工。

 

最近の更新 2019年05月14日
業種別
自動車部品
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る