ファクトリンクTOPへ戻る > 金型部品 周辺機器 > 東洋炭素(タイランド)
東洋炭素(タイランド)
人造黒鉛その他特殊炭素製品の加工・販売 カーボンのパイオニア「東洋炭素」

東洋炭素グループは、C ( カーボン) の可能性を追求し世界に貢献する

  自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体、宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも、広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。
 

あらゆる場面で使われている
東洋炭素の製品

半導体用、冶金用、機械用、電気用などの製品を扱っています。主な取引先は金型メーカー様、熱処理メーカー様です。

業界に先駆けて、等方性黒鉛
を開発

東洋炭素は、「炭素(Carbon)」の中でも「黒鉛(Graphite)」という素材を扱っています。

黒鉛製品のパイオニア


カーボン業界のリーダーとしての地位を保つべく、常に新しい機能を持った黒鉛を創造する夢へ邁進し続けています。
 


最新情報


東洋炭素(タイランド)は、昨年に続きASEAN地域最大の展示会『METALEX 2016』に出展しました。​​

2016年11月23日(水)~26日(土) 
会場:
BITEC(
Bangkok International Trade & Exhibition Centre)
ウェブサイト:
 www.metalex.co.th


ホール:105(ホール内左手) 
​ブース番号:5G07


詳細ページはこちら


2015年、工場を移転拡張しました。

(ティップホールディング内)


高精密放電加工用電極材質:TTK-5

近年、電気加工法が画期的な進歩を遂げています。

黒鉛は銅電極に比べ切削性に優れ加工も速いため、金型製作には不可欠の材料です。


C/C コンポジット製品:CX-761

C/Cコンポジットは、炭素材料の強度、耐衝撃性などの向上を目的に、高強度炭素繊維で補強された炭素複合材料であり、宇宙航空用や半導体製造用などの最先端技術分野をはじめ一般工業用分野にも使用される先端炭素材料です。

当社グレードとしては、フィラメントワインディングタイプのFWシリーズ、2次元 C/CコンポジットのCXシリーズならびに特殊グレードがあり、多様なニーズにお応えできる21世紀の材料です。

 
最近の更新 2016年11月28日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る