ファクトリンクTOPへ戻る > プレス部品 > タイ創美工芸
タイ創美工芸
タイで29年、自動車関係プレス部品、OA機器、電子・電気機器用精密プレス部品及び金型の製造、販売

-自動化生産による、絶対品質の追求-

タイ国内アマタナコン工業団地手前に精密プレス生産工場を構えて20余年。創業当初の従業員80名体制からの企業方針の一つでもある”迅速、小回りの効く企業創り”を1000名体制になった今日でも完全徹底しています。金型の内製化、様々なカイゼン活動は納期短縮、品質の徹底、コストダウンに繋がり自動車の重要保安部品から家電、OA機器の基幹部品などに採用されています。 コラート県には、第2工場『プレスクラフト社』があり、35~600トンのプレス機の設置ならびに大型塗装設備を導入。静電、粉体、耐熱、シルク印刷などの対応も可能です。

2015年、多関節ロボットを8台導入し、生産性・品質面の向上からコスト削減に取り組んできました。

2016年に増設し、2017年以降も段階的に自動化率を引き上げて引き上げてまいります。

​​

高生産性製造ライン

8台の大型マシニングセンタ、14台のワイヤーカットを始めとする金型設備群、プレス機(ロボット・順送・トランスファー他)144台を保有し、ロボット・スポット溶接、アッセンブリと併せて社内一貫生産を実現します。

 

『工場設備』 ページへ ►

生産技術開発力

金型設計・製作部門も現在、ローカル20年選手が20名を超えるまでになり、今ではタタミ一畳半大の精密順送金型を製作できるようになりました。また、一部生産設備・治工具も社内設計・製作を行っています。
​​
 

『金型のこだわり』 ページへ ►

継続的カイゼン活動

『材料・運送・動作・管理』全てのプロセスにおいて徹底的に”無駄”をなくす取組みを遂行しています。 そこから創られた安全、安心、安価のトリプルAの商品を提供します。 我々は継続的カイゼン活動に努め、お客様のコストダウンに貢献し、弊社従業員の意識レベルの向上を図っております。

『社内カイゼン活動』 ページへ ►

動画「自動化への取り組み」(1:24)

タイ創美工芸を90秒でお伝えします。是非ご覧下さい!

 

最近の更新 2017年11月23日
業種別
プレス部品
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る