ファクトリンクTOPへ戻る > F.A関連 > FACOM-KD (Thailand) Co., Ltd.
FACOM-KD (Thailand) Co., Ltd.
ロボットシステム、産業用機械、シーケンサ、PLC、自動制御、生産管理、画像処理、制御システム等の設計・製造・導入設置等

FAシステム事業

 

事業内容

 

自動生産設備

​​切断設備、加工設備、溶接設備、塗装設備等の 製造に関わる設備。

自動測定・検査・分析設備

測長設備、重量測定設備、外観検査設備、 自動分析設備等の検査・分析に関わる設備。

自動省力化設備

組立設備、搬送設備、パレタイズ設備等の従来人間が 作業していたものを自動にする設備。

生産管理設備

印字装置、刻印装置、トレーサビリティ管理装置等の生産を 管理する為の設備。

プロセス管理・制御システム

風力発電、薬液管理システム、設備監視システム等のプロセスを 管理・制御する為の設備。

 

対応機器・取扱メーカー

マシンソリューション

生産設備関連(単体装置からラインビルドまで)
工程:ロボット、搬送、溶接、加工、組立、計測、検査、梱包等
業界:自動車・半導体・電子デバイス・食品・薬品・鉄鋼等

制御技術

サーボモータ、アナログ、 PID、BCR、フィールドバス、シリアル伝送、ファジー

対応PLC

三菱、SIEMENS、オムロン、キーエンス、富士電機、松下、横河、山武 等各種

対応タッチパネル

三菱、SIEMENS、オムロン、キーエンス、デジタル、富士電機、 松下 等各種

対応ロボット

三菱、UR、ライフロボティクス、EPSON、ファナック、安川、川崎重工、デンソー、ヤマハ 等各種

 

紹介動画


■ ティーチレスデパレタイジング


MUJIN製コントローラを使用した、ティーチレスなデパレタイジングロボット。次元カメラでダンボールの位置を把握し、軌跡を自動計算してコンベア上に搬送。大きさが不均一な段ボールや荷姿でも、人が搬送するのと同様の作業が可能。


■ 3Dトラッキング物流仕分け


移動式でコンパクトなロボット。コンベヤ設置で部品仕分けが簡単になり、人が行っている作業も簡単に置換え。リコー製3Dカメラを使用して高速に撮像し、3D部品をトラッキング。大きさと高さが統一でない製品のピッキングも可能。


■ モデルレス3Dピッキング


三菱製の3DカメラMELFA-3D Visionを使用して、ティーチレスにて段ボールの中からワークを取り出すことが可能。ロボットは簡単に移動することができ、安全性を担保するセーフティレーザースキャナを装備し、安全柵無しで動作可能。


■ 画像嵌め合い


EPSON製の画像処理を使用し、従来はあまり多くなかった2つのワークを2台のロボットで協調作業で嵌合動作することが可能。コントローラ1台で複数台のロボットを総合制御し、今までよりセットアップも簡単で、現場への導入が容易。


■ 3Dばら積みピッキング


FANUC製の3Dカメラによってスキャンを行います。外部システムにデータを送って画像分析することなく、ロボット自身が画像分析を行うため、ティーチレスにてコンテナの中のワークをバラ積みピッキングすることが可能。


■ 3Dピッキング+ORiN


ORiNを使用してデジタルツインを実現した3DピッキングロボットのIoTシステム。PC1台でロボット、画像処理、バーコードリーダー、搬送を制御。(ORiN:通信インターフェース・ミドルウェア。異なるプロトコルの機器を簡単接続)


■ ロボット+クラウド


「ロボット」と「人・モノ」と「センサー」そして「データ」の連携を、手間をかけずに簡単にセキュア接続することができる、高次元のクラウドシステム。複雑だったIoT化へのハードルを下げて、その導入を容易に実現可能。


■ 協働型ロボ+AGV


ガイドレスなAGVの上に協働ロボットを乗せた自走式ピッキングロボット。手首部分に取り付けてあるカメラにより、ワーク把持位置を自動補正。工場のレイアウト変更時に磁気テープの張り直しが不要なため、簡単にルート変更が可能。


■ お弁当盛り付け


3D画像センサーにより食品の位置や種類をロボットが識別(立体識別)し、様々な食品をお弁当に盛り付け。食品によってハンド変更が可能で、衛生面も万全。さらにハンドには荷重センサーがついていて、瞬時に食材の重量を測定。


■ 移動式おにぎりばんじゅう詰め


無線によって3つの移動式ロボットが1つのユニットのように協働作業することで、おにぎりをばんじゅう詰めすることが可能。用途によっては1つの工程ずつ置き換えることができ、移動式にする事により、簡単に現地に設置可能。

 

最近の更新 2018年06月08日
業種別
F.A関連
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る