ファクトリンクTOPへ戻る > 金型設計・製作 > 朝日製型(タイランド)
朝日製型(タイランド)
日系ゴム金型専門メーカー

60年のノウハウで "日本同等から日本以上" へ


弊社で出来ないものは、日本に持っていって も出来ない。

"日本同等"から日本以上" へ をコンセプトにしています。


弊社で型を起こすメリット


輸送コスト及び
リードタイムの削減

型試作~量産のサイクルが
タイ国内のみで完結

 

日本本社とは毎日Skypeミーティング
職人のアイディアを即座に反映

設計図面、NCテープ作成は
​ベテラン日本人技術者が担当

打合せはすべて日本語で、
細かな要望ももらさず盛り込む

メッキ、溶接会社などの日系協力会社と
ネットワーク構築済


ASAHI THAILAND NEWS

NEW TOPICS

 

ISO9001:2015 認定取得 (2017/05/02)
 

2017年6月より旋盤加工者、日本本社で1年間の実習

2017年6月超音波型洗浄機導入予定

 

ASAHI SEIKEI (THAILAND)について

ゴム金型のご紹介

自動車・弱電・医療関係向けのゴム金型を製作しております。
盤面は500×600程度で、Oリングやガスケットなどの多数個取り、
公差で±0.05前後のもののコンプレッション、トランスファー型を
コアターゲットにしています。
このようなプロダクトで寸法が出ない、クイキリ性が悪く後工程に負担がかかっている、欠損キャビが出てしまう等のお悩みがあればぜひお声掛け下さい。


詳細はこちら


生産設備

生産設備は、日本で慣れ親しんだ工作機械を輸入いたしました。
全て日本の工作機械メーカー製のものです。
また、刃物や治工具は日本で製作輸入しています。
日本の図面、NCテープを利用する事と合わせて日本品質を実現します。 


詳細はこちら


日本品質を実現するスタッフ

スタッフは日本人MD1名、日本人技術者1名、タイ人エンジニア8名、事務スタッフ3名で営業しております。
タイ人エンジニアは理工系の新卒を採用し、アマタナコンにある
TGI(Thai - German Institute)で一から金型や機械を勉強させました。
また日本との技術交流は積極的に行っており、日本からエンジニアの派遣を随時しています。来年度よりJITCOの実習生制度を利用し、日本にタイ人エンジニアを派遣し 教育を行います。
このように全社を挙げてタイでのゴム型作りに​力を入れております。

 

最近の更新 2017年05月17日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る