ファクトリンクTOPへ戻る > 金型部品 周辺機器 > 大和合金株式会社
大和合金株式会社
NC合金の樹脂成形金型でコストダウンのご提案

特殊銅合金一筋のメーカー

当社は、特殊銅合金一筋のメーカーです。研究開発や新材料の開発にも力を注ぎ、日々よりよい金属材料造りに励んでおります。
成型・加工のご用命も承っております。自社工場保有の溶解、鋳造、鍛造、引抜、熱処理、機械加工などの各設備を、広く有効にご利用頂くことを目的に、例えば鍛造の仕事だけを外注として請け負うようなことも行っております。
金型キャビティ製作精密なプラスチック用金型のベリリウム銅製キャビティ(メス型)を、精密鋳造、圧力鋳造、電鋳の3通りで製作しております。

大和合金の技術が活かされているフィールド

自動車:溶接用電極材、エンブレム用金型
航空機:ランディングギア用ブッシュ
船舶:プロペラ取付ボルト、掃海艇用ボルト
機械:減速機、他各種機械部品
鉄鋼:モールド材、フラッシュバット用電極
重電:タービン軸受裏金、コネクター、発電機用コイル固定くさび
光ファイバー・海底ケーブル:中継増幅器、筐体部品
IT:スパッタリングターゲット、バッキングプレート、ディスク研削装置部品

  企業紹介動画 商品一覧はこちら(銅合金)
※タイ国弊社銅合金製品取扱先の白銅(タイランド)様HPへ ジャンプします。

新着情報

2017/04/25

マテリオン社の棒材等、在庫販売を引き継ぎます。

<マテリオン社の棒材等、在庫販売を受け継ぎます>
マテリオン・ブラッシュ・ジャパン社よりこれまで深谷工場で在庫販売されていた鉛入りベリリウム銅棒(M25)、EQUIMETなどを今後弊社で受け継いで販売致します。 引き継ぐに当たり、ユーザーの皆様にご不便をおかけしないよう、最善を尽くしますので、何なりとお申し付け下さい。
具体的に今後、新たに弊社で在庫することとなった材料とサイズは以下の通りです。詳細は、営業窓口までお気軽にお問い合わせ下さい。
M25    (C1730)   1.0dia~17.0dia
Alloy25 (C1720) 2.0dia~100.0dia
​なお、圧延品のスリッター加工等は受け継いでおりませんので、ご理解とご容赦をお願い申し上げます。

日刊産業新聞 2017年4月3日「MBJ社 大和合金に在庫販売譲渡」.pdf

鉄鋼新聞記事 2017年4月3日「MBJの商権を大和合金が一部取得」.pdf


その他新着情報はこちら

記事掲載一覧はこちら


特殊銅合金のことなら何でもお任せください。

耐熱・耐摩擦・耐摩耗・耐疲労・耐腐食・優れた導電性・硬度 などでお困りの方はどうぞ一度ご相談下さい。

 

特殊(銅合金)材料ひと筋

当社は、特殊銅合金材料というニッチな業界で世界No.1企業になることを目標に、創業以来、合金一筋でやってまいりました。特に最高強度を持つ新材料NC合金では世界一の実績を誇っております。
商品一覧はこちら(銅合金)
※タイ国弊社銅合金製品取扱先の白銅(タイランド)様HPへ ジャンプします。

溶解からの一貫生産、
少量多品種、短納期対応

開発・実験的な仕事が可能
超短納期依頼への対応が可能
少量多品種生産が可能
トラブル時の真の原因究明と対策の実行をスピーディーに行うことが可能

 

開発型企業

お客様が製品設計を行う段階から積極的に協力し、ニーズを的確に捉えます。
多様なニーズにお答する為に、柔軟な発想をもって、さらなる新材料の研究開発に取り組んでおります。


 
 

NC合金(コルソン合金)

NC合金はコルソン合金をベースにベリリウムを含まない
ベリリウム銅代替材料として新しく開発された材料です。
高い耐熱性とともに優れた機械的性質と物理的特性を
兼ね備えております。




左写真:ダイカストマシーン用プランジャーチップ
 

樹脂成形のコストダウン


冷却時間を25秒短縮!
NC合金の高い熱伝導性を樹脂成形金型に活かして、成形品を効率よく冷却します。冷却時間は25秒程度短縮され、金型成形サイクル全体として100秒→75秒まで短縮させることができます。

P-20 系鋼材の場合に比べ、NC合金は10倍以上の価格差ですが、
5万ショット以上成形する場合には、材料費を埋め合わせることが可能となり、
10万ショットではかなりのメリットが期待できます。

実際のコストダウン例をこちらをクリックしてご覧ください。
 

航空機用ブッシング素材

航空機の分野においては、アルミニウム青銅、ベリリウム銅の
高い強度と耐摩耗性を活かし、航空機のランディングギアや
アクチュエーター等に使用されるブッシュ用素材として
国内エアラインや装置メーカーへ長年に亘り納入実績があり、
非常に高い信頼を得ております。
 
最近の更新 2017年05月26日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る